« 8 | トップページ | 9月半ばの八景 »

2012年9月15日 (土)

連休初日

ヤバイ。引っ越してもう2ヶ月だ。さすがに危機感ハンパない。っていうか、月内に社会復帰できないと詰む。
ってなこと言ってて、ここの過去ログを見る限りだと、毎日遊ぼ回ってるようにしか見えないよね。まぁ、「今日もハロワに行って来ました」とか、「また門前払いされました」とか書き綴っても面白くないし、何より僕がヘコむ。
 
 
というわけで、今日も遊びに行って来ましたよ、という話。
 
 
 
先日発表されたSONY性高級カメラ群の体験会&カメラマントークショーがあるというので、銀座のソニーストアまで行って来ました。熱田の時は自転車で15分のところにあったソニーストア、いまだと電車で1時間もかかる上に、銀座って、個人的には他に何も用事がないのでちょっと面倒な感じ。ただ、展示の物量は多いので、新製品を見るときは良い感じ。
 
というわけで、α99の実物を見てきましたが、軍艦部のなで肩っぷりは、もはやジャミラレベル。確かにEVFだし、ペンタ部だけどペンタはないので、軍艦部が突出する意味は無いのだけど。
ただ、ゴツイZEISSレンスを付けると、まぁまぁ自然に見えなくもない。
 
でも、画質は圧倒的だった。解像感が半端ない。それ自体はα77もスゴかったんだけど、35mmフルサイズだとレンズからの光が自然に入ってくるっていう印象。今のαは広角側のレンズ選択肢が狭いので、素直な焦点距離が出るフルサイズ機は表現の幅が広がると思う。
あと、家電メーカーのカメラらしく、動画撮影が強い。いまはEOSが強い一眼レフ動画だけど、αレンズのボケ味が動画で活用できるのは、かなりの強みだと思う。
ただ、フルサイズでの2400万画素ということで、データ量がかなり多いらしく、連続撮影枚数がかなり少なくなっているのが残念。というか、データ保存は大変そう。僕はEPSONのフォトストレージを使っているけど、80GBの容量とかすぐに埋まってしまう。今年の札幌雪まつりでは、α65を使って4日間撮影して、ほぼ使いきったから、99を使ったら足りなくなる。
 
もし去年α300を壊していなかったら今年65は買ってなかっただろうから、それだと99を買ってた可能性が高いけど、今ですら65相手に四苦八苦していることを考えると、99は僕の手に余るね。
ポテンシャルが高いのは見えたし、何より、他社に比べて今ひとつ存在感の薄いαが、他社とは全く違う方向からのデバイス力で撮影能力の高さをアピールしてきたのは、ユーザーとして嬉しい。
 
 
ただ、光学ファインダーが無くなったり、旧態然としたカメラからデジカメ然としてきたことに、旧ミノルタ時代からのユーザーからは反発がきそうな気はします。このあたりで評価はガラっと変わるんじゃないかな。
 
 
で、99はそんな感じだったけど、更に驚異的だったのはDSC-RX1。これは可動品はなかったのだけど、試作品を使ってプロカメラマンが撮った映像を見て、レンズや被写体如何によっては、APS-Cのαで太刀打ち出来ないものが写る感じ。
まぁ、値段的にも、α65 + 先日買ったZEISSレンズの組み合わせよりも高いし。
レンズ交換のためのメンテナンスは必要ないし、光学系からデータ出力までのシステムが固定化されているので、撮影に集中できるカメラだよなーと思いました。
 
ただ、こちらのシステムも、僕にとってはちょっと大掛かり過ぎる印象。富士フィルムのFinePix X100と方向性は同じなんだろうけど、スペック的にはやり過ぎ感が半端無い。これ見た後だと、富士のXシリーズが可愛く見える。
本来ならニコンやキヤノンがこういったカメラを作ってもよさそうなんだけど、2大巨頭は、結果として無難なものになっている印象。対して、富士やペンタからとんがったものが出てくるなかで、家電メーカー製のカメラはどうなるの?という回答の一つが、今回のSONYのカメラ群に思います。
こうなると、パナの動きが気になるけど、どうなるのかね。
 
 
というわけで、SONYのフラグシップカメラ郡をチェックして、改めて今のα65を使いこなそうと思ったのと、自分が使える範囲での最高級サブカメラはDSC-RX100だろうなーと思ったのでした。っていうか、去年NEX-7が出た時にはいろいろ考えたけど、今僕の中にNEXという選択肢はゼロです。
 
 
 
で、今日はこれだけでは終わらなくて、18:00から横浜ベイホールで行われる、ラブライブ!の5thシングル発売記念トークイベントに行ってきました。
しかし、「開場17:00」ってなってたのに、その時間ちょい前についた時にはすでに入場開始してたのには焦った。事前登録制で入場整理番号はすでに決まっていたのだけど、そこそこ前の方だったので、17:00チョイ過ぎ目指して行ってたら間に合わないところでした。
 
今回初めて横浜ベイホールに行ったんだけど、いかにもな感じのライブハウスで、なんか久々にこういうとこ来たなーと思いました。
しかし、イベント自体は完全なトークショーで、特にライブ等はなし。これはちょっと意外だった。けど、開始時にランティスの人が言ってた通り「9人が歌って踊る」というには狭い箱なので、当然と言えば当然か。
 
初めてラブライブ!の実物9人を見たのだけど、新作シングル用衣装で揃ったせいか、ちょっとヤバかった。やっぱ、最近の声優さんとか、ビジュアル面のレベル高いよね。ま、ラブライブで本業声優って半分もいないんだけど。
っていうか、三森すずこ嬢が細すぎてビビった。隣りに座っていた、モデル出身の久保ユリカ嬢に負けない細さ。ミルキィホームズは衣装が長いので気付かなかった。
そしてジョルノは良いトコ持ってくよなーと思った。今までのイベントとかでは少し引いたところにいた楠田嬢も前に出ていて、だいぶみんな慣れてきたのかなーという印象。
 
1時間があっという間のイベントで満足。今年2月に行われたライブ盤も出ることが決まったし、来年1月には2回目のライブも行われるということで、今後の展開にも期待。ただ、その2ndライブにジョルノが出ないということで、それはなかなり残念。あと、来春から始まるというTVアニメは、わりと不安のほうが大きい。PV並みの作画は難しいだろうし。
そして、未だにアルバムが一枚もないのが気になる。映像も、DVDよりBDで見たいしなぁ。
 
あとは、LantisとG’sとサンライズが、どこまで本気になるか、かな。アニメ化後のアイマスが息を吹き返し、アニプレ主導で10周年まで行く気まんまんだし、あまり中途半端な作りでは、たぶん注目されない。
さて、どうなるか。
 
 
そんな感じで、3連休初日を過ごしてみました。
明日は八景島に行ってくるよー。

|

« 8 | トップページ | 9月半ばの八景 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 8 | トップページ | 9月半ばの八景 »