« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月27日 (火)

JAF GPの話

テーピングひとつで体の調子も変わるんだなーと、わりと動かせるようになった右足を見て思いました。でも、走るのは困難だし、片足で立つのもムリ。
ASIMOが、如何に足へ負担をかけずに歩いているかということが分かりました。足首より下がキツイと、歩き方がああいう感じになる。
 
 
 

そんなこんなで、今更ながら、今期最後のSuperGTレースとなる「JAF GP」を見に富士スピードウェイまで行ってきた話を。
 
 

今期は個人的な事情で1戦しか見ることができなかったので、前日まで日本にいなかったにもかかわらず、何とか見に行くことができました。17日は土砂降りだったので、日本にいたとしても見にはいかなかったかもしれないから、結果的には良かったカモ。
 

今回はピットウォークが早朝の8:10からなので、4時に部屋を出るというスケジュール。さらに、以前は小田急の新松田駅からバスで行っていたのを、バスの距離が長いと時間が読めないので、電車で五反田まで行ってからバスという手段に変更。
なので、初めて御殿場駅から東京寄りの御殿場線を利用したんだけど、見事なまでにSuica非対応で驚く。オレンジカードで買うことはできるらしい。
Jafgp2012_02

でも、この路線は山の中を走っていくので、この時期は景色がいいね。よく晴れていたこともあって、富士山もキレイに見えたし、ハイキングに来てた人も多かったです。
 
 

Jafgp2012_00

で、7時に御殿場に着いて、バスで富士スピードウェイへ。いつものGT観戦だと、ここから1時間近くかかったりするのだけど、今日は全く渋滞していなくて、30分かからないくらいで着きました。
去年はそんなことなかったけど、今年のJAF GPは人が少なかった。走らない車も多いから仕方ないけど、ちょっと残念な気はしました。
 

正面ゲートには、こないだの電撃20年祭にも来ていた、トランスフォーマーのGTがいました。
Jafgp2012_01

今回は、おもちゃの試作品も展示されていたけど、なかなか出来が良かった。CALSONICとMOTULなので、来年はガライヤがいないこともあるし、この2台の応援団は来年のSuperGTの中心になるんじゃないかな。
 
 

思っていたよりも早く着いたので、昨日の大雨でその日の早朝に延期になっていた、レジェンドカップの予選も見られました。今回は右京さんが走るんで気になってたんだけど、予選タイムでトップ争いをしていたのは、さすが。全員が同じマシンで走るので、純粋にドライバーの技量が結果になる。
しかし、片山右京や近藤雅彦までもが「過去のドライバー」という扱いになるあたり、ずいぶんと世代も変わったなーと思う。あの頃は、まだモータースポーツもゴールデンでTV放送してたから、そんなに興味のなかった僕でも知っている。
しかし、GSRのエースドライバーである谷口信輝と片山右京とでは、10歳も違わないんだよね……。
 
 

朝早いピットウォークだったけど、相変わらずGSR前は大混雑でした。ミクさんとエヴァは、どんな時でも大盛況。そして、客層が明らかに違う。自分含めて。
他があっさりめだったこともあって、特にこれらのピット前の壁が厚く、今回はガレージのマシンとかは撮れませんでした。同じタイミングでドリフトの実演をやっていて、そっちに流れた観客も多かったせいか、他はそれなりに撮れたんだけど。
ちょっと意外だったんだけど、今回は音々コルペットも参加してたんだね。DIJONは、特に前半は完走できないレースが続いたけど、後半から可能性を見せる走りをしだしたので、来期はさらに上を目指してほしい。去年のハルヒは全く目立たなかったけど、今期の走りは、結構好きだったよ。
本戦唯一観戦に行った富士で、ピットウォーク中に博士に「初音ミクだけじゃなくうちも応援してねー」と笑いながら言われました。「応援するから完走してね」と返したその日、練習走行時にトラブルが見つかった音々コルペットは、決勝に出られませんでした。
 

Jafgp2012_04

なお、この時ボディの左側が壁に寄せられていたので、この日、まさかあんなラッピングになっているとは思いもよりませんでした。
 

それから、フォーミュラジャパンでも痛車の流れが来ているようで、僕は初めてコレを知りました。
 
Jafgp2012_03_2

チーム自体は昔からあるようなので、ドライバーやファンがどう思っているのか、ちょっと心配。でも、そんなにマスコミが言うほど萌絵は毛嫌いされてないように感じます。GTもそうだし、雪まつりやファミマでのミクさんもそうだし。
 
 
 

ピットウォークから帰ってきて、今期最後のAscii応援シートに移動し、荷物を置いてサーキットを見て回ることに。
 

そうしたら、ちょうどエヴァレーシングがステージイベントを始めたので眺める。エヴァんトコは、自分たちでトレーラーを持っていてステージイベントができるあたり、さすがだと思う。この辺は、GSRやイカでは、到底及ばない。
 

レギュレーションの関係で、紫電が今期限りで引退してしまうこともあり、エヴァのRQも「卒業」ということで、かなりの人が集まってました。サーキット全体のお客さんが少ない印象だったこともあって、そこだけ異様に盛り上がってた感じ。今年から1チームにつくRQの人数制限が増えたこともあって、5人のお嬢さん方が並ぶという華やかなステージでした。
僕は当初、GSRもあまり好きではなかったけれど、エヴァが入ってきたのもなんだかなーと思ってました。紫電になってからは、さらに普通の車になってたし。
でも、今の厳しい日本情勢の中、ただの道楽でレースやってるチームって無いし、いろんな人たちが力を出し合って、チームとして競い合ってるんだなーということを見てきてからは、どのチームも応援したくなってきました。なので、紫電が終わるというのは、素直に残念です。
 

しかし、モデルがモデルなせいか、痛いファンもいる。それはGSRも同じなんだけど、その世界のお作法を知ろうとしないで自分勝手にわめく人がいるのは残念。多くはないんだけど、一人でもいると目につくのよね。
 
 

観戦席に戻り、オープニングセレモニーを見る。今日は、コースまで写真を撮りに行く気はなく、応援シートで観戦するつもりでいたのだけど、Asciiの用意した応援シートが結構いい位置で、なかなか楽しく眺められました。特に、レジェンドカップの決勝は、選手の入場ゲートがほぼ真正面だったので、とても良かった。
ただ、レジェンドカップの車に関しては、誰がどの車か、もっとわかりやすくしてほしい。去年みたいに天板に写真を貼っていたようなんだけど、結構スタンドの前の方にいたから、高い位置から見てないのよね。

Jafgp2012_06

レジェンドカップ自体は、予定調和とガチがバランスよく含まれた、エンターテイメントレースでした。レーサーの歴史を知っていれば、もっと楽しめただろうなと思う。ここ2年で大分勉強したけど、いかんせん、本物を見てきてないのでニワカ止まりです。
フォーミュラニッポンも全然わからないので、来年はちょっと見てみるかなぁ。
 
 

で、いよいよSuperGT 300クラスの番です。
 
 

Jafgp2012_08


Jafgp2012_07

正直、今期はもう無理かもなーと思っていたんだけど、最後の最後で晴れた富士を疾走するBMWを、最初から最後まで応援スタンドで観戦していました。そうしたら、0号車の順位があれよあれよと上がっていき、ついには表彰台県内の3位位まで浮上。

Jafgp2012_10

さすが谷口選手!と思ったのもつかの間、残り4周というところで、なぜかBMWがストレートに帰ってこない。そして、場内モニターに映し出される、ピットに入っていく0号車。
 

なんと、最後の最後で、痛恨のリタイヤ。Twitterで確認すると、マシントラブルとのこと。
いや、レースにはつきものだけど、今年コレで何度目だよ?って感じでした。見てる側もそうなんだから、ドライバーからしてみれば、それはもう怒髪天な話だと思う。

Jafgp2012_11

最後の最後まで自力でポイントを取れなかった4号車と合わせて、今年のGSRを象徴するようなレースでした。
 
Jafgp2012_05

まぁ、最後の雄姿を見れたので、楽しかったけどね。
 

レース自体は、レギュレーションの関係から今期限りで終了となる2台が1・2を決めたので、かなり盛り上がった内容でした。これで3番目の位置にGSRが来てればな……と思うけど、それはどこのチームも一緒だよね。

Jafgp2012_09


 
 

そんなこんなで、SuperGTの2012年は、全レースが終了。あ、もちろん、300の後は500が走ったよ。ただ、300よりも、500の方が、順当なレースだったと思う。いまだに300クラスと500クラスの2ライン存在しているのか、僕にはピンと来てないんだけど。
 

Jafgp2012_12

そして、最後の最後で2位を取ったエヴァチームのステージを見て、富士スピードウェイを後にしました。二輪は残っているし、人気もあるから、来年も何かしらの形でエヴァは出てくると思うけど、紫電が終わりというのは、車の形からして惜しいなと思う。車に詳しくない僕でも、紫電は遠くから見ても紫電って分かるから。
 
 

帰りも、やっぱり空いてました。車で直接東京方面へ帰った人たちは渋滞してたみたいだけど、御殿場駅へのバスは、今まで乗った中で一番スムーズに移動してました。
 
 

さて今期のGSR関係のイベントは、来月12日に行われるGSR個スポの忘年会とカート大会を残すのみ。カートには参加しないけど、忘年会は行ってみる予定。。去年の優勝の時に行きたかったけど、名古屋にいたし、平日開催だったからね。
 

チームも、応援に足を運んだみんなも、一年間お疲れ様でした。

Jafgp2012_13

| | コメント (0)

2012年11月16日 (金)

BB

トロステが今年度中でサービス終了とか、マジありえん。ギネスにも載ってんだぞ?ソニーはバカか?

 

……それは、言うまでもないか……。

 
 
 

久しぶりにIEで自分のBlogを表示させたんだけど、記述内容の改行部分って、かなり無視されてるのね。普段別のブラウザだから気づかなかった。
とはいえ、半年に一回くらいは表示させてたはずだから、最初からこうだったとは思えないんだけど。
ChromeやSafari、FireFoxの台頭でIEのシェアが下がってきているとはいえ、別のブラウザをインストールしない人も多いわけで、できればツール側の方で対応してもらいたいトコロ。
企業の公式サイトとか、IEのプラグイン準拠が基本なので、たまにIEで閲覧し直すことがあって、結構メンドイ。
 

Silverlightオンリーのサイトが広まらなかったのは幸いだけど。
 
 
 
スマホ向けサイトだと、iOSかAndroidかを確認して、Androidだと、標準のブラウザじゃないと閲覧すらできないってのがあります。ガラケー時代のiModeとかみたいな感じ。ただ、Google自体が標準ブラウザをChromeに変えてきたので、そのあたりは足並みがそろっていない。
 

本来、ユーザーの利益につながるはずの製品開発競争が、オープンプラットフォーム化では、うまく機能していない。
OSが同じなのは、もはや「当然」であり、差別化すべき「製品」が、OSの上に乗っかったソフトではなく、そこで動く「コンテンツ」を指している。それを動かすためのソフトのはずだった「ブラウザ」が、プラットフォーム化してしまった。
 
 

何となく、Javaが目指していたことが現実化してきたなという印象。
 
 

結果として、技術はどんどんブラックボックス化していく。「秋葉原のパーツショップで部品を買ってきて、市販のオーディオアンプを改造する」なんてことは無くなる。AV機器やPCではすでに当たり前の話だけど、車やバイクがそうなるのも、そんなに先の話ではない。
そりゃ、電子立国といわれた国の企業ももおちぶれるってもんですよ。

| | コメント (0)

2012年11月15日 (木)

「世界一周」は「SF」

自動販売機が普通に道端にあるという一点を見ても、日本がいかに平和な国であるかということが分かります。いや、マナーの問題か。
 
 
あと、クールジャパンとか変なもの売ってないで、日本は食料を輸出すべきだと思う。中国にある日本料理屋は、日本のさびれた定食屋の足元にも及ばない。あんなのを日本料理と思われていたら残念極まりないのだけど、おそらくそれは、世界レベルで同じ状況なのだと思われる。海外で「日本料理」として店を出して荒稼ぎしてるのは、だいたいが韓国人か中国人だしね。
 
まぁ、1次産業は量を出さないと儲からないと言うけれど、国内でのご当地ラーメンの通販とかが成立するなら、その感覚で世界に向けて個人商店に卸すのもアリだと思うんだ。いろいろ障壁はあるだろうけど。
そもそも、処理に困る備蓄米とか増やさずに、普通に輸出すれば高級品扱いされると思うのです。
 
久しぶりに来たけれど、あらためて、日本のご飯が最強であることを実感した次第。レンジでチンするごはんだって、中国の三ツ星レストランで出てくるのよりも、はるかに美味しい。これは慣れだけの問題じゃない。
 
 
ま、地域によるだろうけどね。
 
 
 
GPS内蔵のハンディカムであるTG6Vを持ってきてたんだけど、写真撮ったら、そこから周辺の地図がGoogleMapで見れるかなーと思っていました。
しかしそれ以前に、そもそもTG5Vには地図が内蔵されていて、それである程度確認できたのできるし。さらに、GPSを受信したことでエリア情報が更新され、内蔵時計も自動更新され、EXIF情報へも反映される結果に。
 
ソニーのハンディカム様は、想像以上にすごかった。が、そのインテリジェントさに、どれくらいのユーザーが気付くというのだろうか。
 
 
ちなみに、こっちから行うGoogle検索は、結構止まります。回線速度の問題なのか、google.comへの通信が止められているのかはわからない。検索ワードは、特におかしなものではないです。
 
 
 
僕は今までに、中国南部の一部にしか来たことがないのだけど、それは今後も変わらなさそう。上海とか北京とかには縁がない。
積極的に行きたいと思わないけれど、40年くらいかけて高度成長と公害の問題を経た日本の現在を考えれば、あと20年くらいしたら、洗練された中国が見れるのかなーとか思ったりします。
 
日本における中国ファンは、そんなの望んじゃいないと思うんだけど、それは、欧米人が今の日本にサムライ&ニンジャがいないのを嘆くのと同じことだと思うんだよね。
 
 
他国への旅行は、ある意味ファンタジーだったと思うのだけど、今どきのグローバル化は、その夢を壊しているうような気がして、ちょっと残念。その良し悪しは別として。
 
そのくらいの感覚で宇宙が捉えられるような時代が来たら、夢があるのかないのかわからない世界になるね。

| | コメント (0)

2012年11月13日 (火)

チュウカナ

Dscf5109


正確には違うけれど、香港標準時を基準にしているので、日本との時差は1時間。こっちの方が遅いです。なので、日本が朝8時の時に、こちらは朝の7時。
わざわざ時刻を調整しなくてもタイムゾーンを明石から香港にすればいいだけなので、PCとかのインテリジェンスな端末は楽だね。でも、目覚ましに使っている3DSにはそんな機能はないので、素直に時計を1時間ずらしました。
ちなみに、DSiを買ったときにキャンペーンで付いてた1000pからマリオ時計を買って使っています。初代DSiは売ってしまったので、今は3DSに移してます。
DSiソフト自体は、3DSではなくDSi LLで遊ぶことが多いです。処分するのをDSiにするかLLにするかで迷ったんだけど、後から買い直す場合にDSiよりLLの方が手間かと思ったので、消去法で。
 
 
Tablet Pは、会社の事務所が無線飛ばしていたのでそれでつないだりしてみたけど、やっぱりTwitterは無理。する気もないけど。
ただ、ソーシャルゲームとかは、ログイン期間によってアイテムが変わるので、つなげられるとありがたい。まぁ、そんなにやってないけど。
 
いわゆるモバマスとかも登録しているのだけど、モバゲは電話番号登録をしていないと、著しく機能が制限されるので、ほとんどやってないです。だって、友達登録とかコメント送信もできないし、ログインボーナスのアイテムも受け取れない。
GREEのゲームにいたっては、論外。アカウント登録すらできない。
 
 
結果、出自のせいかその辺がユルい「初音ミク ぐらふぃコレクション」だけが続けてます。あと、最近SEGAがベータテストを始めた初音さんのゲーム。ゲームショウでも見てきたけど、SEGAはゲームっぽいゲームのアプリを出してきてます。
ただ、SEGAアプリのツイートは、公式なのにとてもうるさくて、正直フォローを外そうかと思うレベル。まぁ、今はこのくらいはしゃぐのも普通なのかもしれないけれど。
 
 
Vitaに入れた無料ゲーム「SAMURAI&DRAGONS」と「ピコットナイト」は、最初だけやって、放置。これからどうなるかはわからないけれど、ゲーム専用機であるVitaを使ってまで、ブラウザゲームレベルの作品はプレイしないなと思った。
せっかく起動しても、すぐプレイが終わってしまうんだよね。そんなのを何本も同時進行できない。
 
そう考えると、グラフィックや音声以外で「シェルノサージュ」がユーザーのモチベーションを上げる機能を追加するかどうかは興味があるところ。まぁ、できないとは思うのだけど、このままだと、本当にアクティブユーザーが100人切ると思う。
作品の方向性自体は悪くないと思うので、失敗してほしくないんだけど。
 
 
異国の地で、色々試行錯誤中です。

| | コメント (0)

2012年11月11日 (日)

ちゃいーな

Img_20121111_113808
 
写真に写ってる小さいのは、ゴミじゃなくて雪です。
 
 
 
ということで、中国にやって来ました。6年ぶりくらい?
 
ホテルのネット環境から書いてますが、当然のように無線環境がありません。このため、Android端末群が無用の長物に……。
まぁ、ネットに繋がなくてもできることはあるんだけど、それなら、今これを書いてるVAIO Pのほうが使えるし。Wi-Fiのソフトアクセスポイントが作れるUSBルータでも買っておけばよかったかなと思ったけど、中国で無線飛ばすのも、それはそれで怖いし、おとなしくしておくことにします。
 
それにしても、Vitaの電源ケーブルを忘れたのはイタイ……。
 
あと、どうやら、このホテルからTwitterにはログイン出来ないっぽい。ちょうど首脳陣の交代劇をやってる最中だし、いろいろあるのかも。
まぁ、常時接続してなければ、Twitterをする意味もないけどね。
 
 
というわけで、一週間中国暮らしをしてきます。

| | コメント (0)

2012年11月 5日 (月)

キューと

吉祥寺に行った時に、開演まで時間があったのでヨドバシカメラに寄ったのだけど、そこでPENTAX Q10のカラバリ全色(ボディのみ、グリップは黒)があって、そこで見たミントカラーが思いのほか良くて一目惚れ。
 
Q10の実機を見たときは、レギュラーカラーである赤の、あまりのベタ塗り加減にガッカリして、XZ-2やP7700の良さもあって、Q10は意識の外に送られていました。が、ちゃんとカラバリのモックを見てみたら、各カラーによって仕上げが違っていて、ミントはちょいラメ入りのメタリッククリアな色になっていて、かなりカッコ良かったのです。
 
これでグリップをピンクにしたら、まんま初音さんカラー。
 
スペック的には色々不満な点もあるものの、その冗談のような本気のミニチュアサイズとカラーバリエーションには脱帽せざるを得ない。撮れる映像も、同じサイズのCMOS素子を使っているカメラの中ではダントツだし。
レンズも着実に進化しているので、期待してもいいかもしれない。
 
 
というわけで、ここに来て購入候補にQ10が急浮上。
問題は、キャンペーンで貰えるカメラバッグが、11/30までに本体を買わなければもらえないということ。決断までの期間が短い。
んー……。

| | コメント (0)

2012年11月 4日 (日)

ブンカ

というわけで、冬コミ落ちました。
さもありなん。
 
 
 
金曜日に、仕事で展示会に出かけたついでに、ようやく病院へ。痛めて、もう4ヶ月くらい腫れっぱなしの足を見てもらったのだけど、レントゲン撮影の結果、骨には異常なしとのこと。結局、病院で見てもらっても原因がつかめず。
ただ、ここ1週間で、急激に回復基調だったので、このまま安静に行けば復活しそう。8月末から9月上旬にかけては内出血に悩まされ、9月中旬には、普通に立つことも困難だった影響で、右足を必死にカバーして生活していたら、逆に左足も痛くなってきた上に、全く動かさなかった右足が目に見えて細くなり正直怖かったのだけど、問題はおおむね解決していたようなので、あとは地道にリハビリしていけば良いみたい。
 
で、今右足をテーピングで固定しているのだけど、なんかかなりラク。筋肉って大事ね。
 
 
 
で、昨日は、小山剛志プレゼンツの芝居「喝采 アニソンミュージカルバージョン」というのを見てきました。
これは、何年か前に小山先生がやった芝居を、テレ東のアニソン番組協力でリニューアルしたもの。で、キャスト変えて完全新台本ということだったのだけど、前の芝居と、大筋で同じでした。というか、見ながら前の内容を思い出したよ。
 
小山先生の芝居を見るのはこれで4度目くらいなんだけど、非常に王道で古典的。一人ひとりネタを見せて落として次に繋ぐってのを繰り返す。わりと安定した舞台だと思います。
ただ、タイトルにもある「ミュージカル」というのは、ちょっと消化不良気味。芝居と歌は、完全別だった。まぁ、コメディに、既存の歌を混ぜるのは難しいけどね。
 
剛志先生の舞台らしく日替わりゲストが入るというので、そのスケジュールを確認してからチケット取ろうと思っていたのだけど、11/3の昼と夜、榊原ゆい女史かangelaかで迷って、夜を選択。
やー、katshがギター持って出てくるだけで、僕的には大爆笑。そのうえ、舞台上でエフェクターとアンプの準備をし始め、曲も、ファフナーの主題歌である「シャングリラ」。angela低予算PVの集大成でもあるアノ曲を、舞台すぐ前で聞けて大満足でした。あれだけ近い位置で聞いたのに、katsuのギターがどの音か分からない。
 
今回の芝居が行われた吉祥寺の「前進座劇場」は、4年前にアイマスラジオの公開録音で一回来たことがあったのだけど、来年の1月で閉館になるらしい。それもあってこの劇場でやることになったらしいのだけど、終了前に良い芝居見せてもらってよかったなと思いました。
調布に住んでたときは、吉祥寺も時々来ていたのだけど、今は行く機会もないので、無くなる前にもう一度見られたは良かった。名古屋へ行ってから、しばらく芝居を見る機会がなかったのだけど、なかなか小さな小屋を続けるのも難しいんだろうね。小さいのどころか、新宿コマ劇場だって無くなったし、名古屋も、歌舞伎とか行う大きな御園座という舞台も無くなっちゃうしね。
映画館だってシネコン化しているし、時代だよね。
 
 
 
そんな感じの週末でしたが、文化の日という貴重な国民の祝日が土曜日に消化されてしまったのは納得がいかない。文化的な活動はやってみたけど、休日が一日減ったのは悲しい。
でも、ま、今月は勤労感謝の日が週末にかかるおかげで給料日が前倒しになるので、差し引きゼロに近くはなるだろうか。なんとか今月さえしのげば、来月からは安定して行動できる。
 
いや、ほんとギリギリで生きてます。

| | コメント (0)

2012年11月 2日 (金)

サキダツモノ

先日、町田駅前を歩いていて、グラマラスな女性がぱっつんぱっつんのナース服で歩いていてギョッとしたのだけど、後々になって考えてみたら、あれはハロウィンの仮装だったんだと思う。
一般の人がアニメキャラのTシャツを着ている人を見て引くくらいの勢いで、僕はその時、そのハロウィンコスの方から引いてました。そこそこ美人さんだったような気がするけど、それ以上に、ありえなかった。
 
ハロウィンの定常化には、これからも異を唱えていきたいです。クリスマスが何の日か知らない人が少なくないくらい行事を形骸化する日本にあって、あのイベントは、ちょっとありえない。
 
 
そんなこんなで、熱は下がりましたが、いまだ鼻声が抜けないウツギです、コンバンハ。
 
 
いよいよ11月になりましたが、このご時世で、再来週から久しぶりに中国に行ってくるので、その下準備でいろいろ大変。でもそのおかげで、今月末からは何とか軍資金が正常化してくる見込み。松下のような危機的状況は脱すると思う。
そういえば、松下が経費削減するために社内の部活動を廃部にするという記事が出ていて、その中に「バトミントン部」があり、反射的に「バトミントンじゃなくて、バドミントンな」と心の中でつぶやきました。太一よ、世の中は思った以上にバトミントンだ。
 
しかし、出張からの帰国時期がJAF Gpに被るので、今期最後のレースが観戦できない――というところだったのだけど、何とか最終日には間に合いそう。
ただ、Asciiの応援シートを買ったものの、アレ、届くのが結構ギリギリなので、タイミングが合わないとチケットが受け取れないという状況になりかねません。せめて一週間前に届いてくれればいいんだけど、昔、レース前々日に届いたりしたので侮れない。朝イチの車検から見ようと思うと、前日深夜に移動しなきゃいけなくて、でも平日に受取れたりしないうえに、当時名古屋にいたとき、佐川の預かり所がとても遠かったので受け取りに行けなかったんだよね。
その時は、何とか早く帰って受け取れたので良かったのだけど、今回はどうなるか。今だと、佐川の集荷センターはそれほど遠くないから、直接取りに行って大丈夫なのかな。飛行機が遅れさえしなければ。
 
結局、今年のSuperGTは、GSRミク号が1勝した富士だけの観戦だったけど、来年も走るなら、今度はもっと応援しに行きたいな。
そして、今年のJAF Gpは、レジェンドカップで右京さんが走ったりするから楽しみです。
 
 
 
先日、会社からの帰りにオリンパスのXZ-2の展示品を触ってきました。思ってたよりも大きかったけど、それ以上に使いやすさ満点で、買う気満々に。
やっぱ、背面液晶の角度が変わるのは、デジカメではすさまじく便利な機能だと思うのです。その液晶画面自体も、かなりきれいになってるし。タッチパネルの反応も良くて、撮影しながらのコントラスト可変とかがきっちり画面でつかめて、これなら無理にRAWでとらなくても思ったような撮影ができそうという感じ。無線でAndroid端末に飛ばすなら、Jpegで撮った方がいいしね。カメラ内現像もできるみたいだけど。
 
撮影画像は確認できていないのだけど、いくつかのサンプル画像を見る限りは、想定以上に良い感じ。SONYのRX100に比べると、スナップ写真用では劣るだろうけどマクロには強くなるので、僕の用途には合ってる。
NikonのP7700に比べたときが迷いどころで、ズーム倍率では差がつくけど、サイズがよりコンパクトになるのとレンズの明るさはXZ-2が上なので、トータルで見ればXZ-2かなという感じ。完全なバリアングルもいいし、7倍のズームでF4の明るさだから実用的だと思うんだけどね。
 
このあたりは、来年の雪まつり合わせで検討していこう。
 
 
 
ついでに、最新版のiPod touchも見てきました。
 
僕自身がApple(というよりはAppleファン)が嫌いなこともあって、今まではほとんど興味を持たなかったんだけど、iAppsでも使ってみたいアプリがぼちぼち増えてきたこともあり、そのプラットフォームとしてのiPod touchに興味が出てきました。iPhone 5は、キャリアとの契約になるし、そもそも電話はほとんど使わないのでありえないし、iPadは、買っても持ち歩かない。なので、touch。
ただ、touchじゃ対応しないアプリも少なくないようなので悩みどころ。iPad miniが、もう少し購買意欲をそそるものだったらよかったんだけど。
 
で、そのiPod touch、質感は良かったし、何より薄くてかさばらない感じだったので、アプリの対応状況を確認してから、うまく合えば1台持っておこうかなと考えています。一回データが吹っ飛んで以降、IDEOSの調子が悪いので、普段使いのビューアとしても使えそうだし。IDEOS自体は、テザリング端末として生きる。
ま、普段使いとしてはSONY Tablet Pが優秀で満足しているのだけど、折りたためるとはいえ、それなりに巨大なので、完全スマホサイズのものがあると、それはそれでいいかなと。
あと、そろそろAppleのサービスも体験しておかないと、ビジネスの面で考えが足りないところも出てくるので。iTunesのアカウント、持ってるハズなんだけど、覚えてないんだよな……。
 
 
 
――まぁ、資金調達がうまくいかないと、これらの検討も全くの無意味になるんですけどね。まだまだ懸念材料は多いし。っていうか、今月生き延びるための努力が大変。今月さえ乗り切れれば問題ないのだけど。
それでも、年末年始のセールが始まってくるし、今年の厄落としという名目で、なんか新しいものを入れたいなーとか思ったりするのでした。

| | コメント (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »