« いなぎしのなし | トップページ | おつかれさまでした »

2012年12月27日 (木)

どこ

これでよく1年生きてこれたなーと、今年の源泉徴収書を見て思う。2か月半+ボーナス一回分が飛んでいるわけだから、今年の収入の無さは衝撃を受けるレベル。
 
 
 

先日、ウエストバッグの口が開いているのに気付かずにいたせで、IDEOSを落としてしまいました。口が開いているだけならよかったんだけど、電車移動で席に座ったり立ったりするときにカバンを外して肩にかけたり手持ちにしたりと動かしたので、その際に落としたんだと思います。
なのでJRには聞いてみたんだけど、残念ながら拾得物の連絡は来てないとのこと。「確実にそこで落とした」ともいえないので、如何ともしがたく、戻ってくるのは絶望的な状況。
 
 

これが普通の携帯であれば追跡の手だてもあるんだけど、プリペイド式のSIMでは、そこも難しい。
幸いにして、一回システム初期化がかかった時に、使用するアプリを標準のものばかりにして、且つデータも重要なものは入れていなかったので、Googleアカウントのパスを変えた今、あれを拾っても個人を特定できるデータはひっぱれないし、ユーザー情報も見られない状態になっているので問題はないのよね。メール類がローカルに保存できないのが面倒だなーと思ってたけど、逆にそれがセキュリティ上では好都合な結果に。
 

唯一Twitterが気になるところだけど、ツイートの閲覧自体はログイン状態にかかわらずみられるものだし、今のところ他者がツイートしているものもないし、IDEOSで使っていたクライアントの連携も切っているので問題が起こることはないと思う。
中に入っているメモリーカードは、そんなに容量ないし、入っているデータのバックアップも見たけど、ホントになにも入れてなかったので個人情報漏れとかはない。Wi-Fiの設定でウチのLANにアクセスできるってのはあるけど、さすがに自宅のAPまで来ないといけないからそれが悪用される可能性はないし。
 
 

結果、実費以上の問題は軽微という結論に。ただし、不注意が過ぎるので、もっと気を付けないなと思いました。
 
 

そういうわけで外出時のネット環境がWiMAXオンリーになったワケですが、これだとつながらない地域も少なくないのでdocomo SIMは欲しいところ。なんだかんだで、IDEOS+日本通信SIMが一番融通が効く環境なんだよね。
ただ、AmazonSIMはヤメ。150kbpsは、あまりにも遅すぎた。300kbpsと比べても、体感でかなり差がある。
 

――と思ってたら、300kbpsのSIMでIDEOS付のやつが、キャンペーで365日使えるうえにSIMパッケージのみより安いというので、それを注文してしまいました。速度は出ないけど常時接続で月額¥1.5kなら申し分ない。しかもIDEOS付の値段だし。
 
 

日本通信のサービスは、初期投資がかかるけど、あとは何も出費がないので楽。契約の縛りもないし。まぁ、ウィルコムが傾かなきゃウィルコムコアにしてたんだけど、そこはもう仕方がない。キーボードがついてない端末に変える気もないし。
 
 

そんなこんなで手痛い失敗をしましたが、思ったよりも被害はおさえられたこともあり、今後に生かすという点でプラスにしたい。モバイル機器には個人情報が集中しがちなので、もっと注意しないといけないなと思いました。
――ま、あたりまえの話なんだけどさ。

|

« いなぎしのなし | トップページ | おつかれさまでした »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いなぎしのなし | トップページ | おつかれさまでした »