« いぱねま | トップページ | コミティア109欠席の件 »

2014年4月11日 (金)

読みたいときに読める本を

どうやら中国では、Twitterやfacebook、Youtube等へアクセスするためにVPNを使っているらしい。中国人に対してどれだけ開放してるかは知らないけど、中国在住の他国企業ではニーズがあるらしい。
――と、開いたニュースサイトの広告パーツを見て知りました。ロシアとかはどうなってんだろ?
 
 
 

2年前くらいにSONY Readerを買って電子書籍を利用し始めましたが、今はReader Store以外にもいくつかの電子書籍ストアを利用しています。
 

まず、去年の劇場版禁書の電子書籍版を読むために導入し、そのままKADOKAWAオンリー電子書籍リーダーとして使われている「BOOK☆WALKER」。それと、Readerで読める本も売っているうえにWindows8のストアアプリも存在する紀伊國屋書店の「Kinoppy」。この3店舗を、それぞれ「SONY Reader」「SONY Tablet P」「Surface RT」で利用しています。
KindoleやGoogleブックは、Android端末にいれてはいるけど、使ってないね。Kindleを使わないのは、ポリシーみたいなものかな。koboを使わないのは、単純に楽天に個人情報渡したくないから。
 
 

電子ペーパーであるSONY Readerは、今僕が持ってる初期型のが、実は一番デザインというか質感がいいんですよね。金属筐体だし。まぁ、その分ちょっと重いんだけど。
初めは結構動作も遅かったし、今でも最新機種に比べれば表示切替で待たされる感あるけど、いつの間にかバージョンアップで「それでもマンが見ようと思うレベルになる」動作をします。あくまで、僕の感覚でね。
ただ、KinoppyがSurfaceで使えるということが分かったので、今は漫画については積極的に紀伊國屋を使っています。
たださぁ、なんで「バガタウェイ」が8巻以降電子書籍化されないの?見開きもセンターずれてるし。しっかりしろよ、マッグガーデン。まぁ、基本的に売れ筋の新刊以外は後回しにされるし、電子書籍化されてるだけでもマシな方なんだけど。
 

USAではReader Storeが撤退したけど、日本のReader StoreはSONY直営ではなく他企業も出資してる別会社がやってるので、しばらくは無くならないかなと思ってます。潰れたとしても紀伊国屋に移行できるだろうしということで、あんまり心配してない。まぁ、僕の持ってるReaderがいつまで動くかって話はあるけど、壊れた時はタブレット版のReader使えばいいし。
Tablet PでもReader入れていて、主にカラーページがある雑誌とか漫画を入れています。Pの2ページモードが使えて便利なんだけど、画面が小さいのが難。あと、だいぶ容量がキツイ。
 

で、ほぼ電撃文庫専用アプリなBOOK☆WALKERは、巻数多すぎてツライ日本のラノベ読者に優しいと思う。
ってか、電撃文庫は、他のストアにも出すシリーズと自社のみで抱えるコンテンツをどこで区別してんだろ?こないだ始まった俺妹の他社配信開始は、シリーズ完結&作者の別作品開始ってタイミングなので分かりやすかったけど、魔王さまやストライク・ザ・ブラッド、ロゥきゅーぶが他ストアOKで、禁書やSAO、アクセルワールドがNGってのがワカラン。三木一馬縛りってわけじゃなかろうし。
このB☆W、以前は結構使いにくくて重いアプリだったんだけど、今は本棚デザインとかの付加価値もあって、それなり。ただ、見開きモードが「タブレットが横の時」しか動かず、Pは2画面見開き状態のときに「縦」として動いているので、せっかくの2画面を有効活用できないのが難。まぁ、NECの2画面スマホも消えていったし、Pも売れなかったし、ニッチな世界なので仕方ないんだろうけど。
 
 

リアル紙の本の方が好きな人多いし、僕もそうではあるんだけど、実際問題として置き場所がない状況なので、昨年度はホント電子書籍ばっかり買ってました。おかげで、結構行ってた町田のゲマにほとんど行かなくなった。まぁ、特典ある雑誌とかは書店で買うけど。
 

電子書籍だと、かなり頻繁にフェアやってて、ポイント増額だとかキャッシュバックだとか1巻だけ¥0とかあるので、話題書を安く買って、もらったポイントで古い本買ったりとか、いろいろ便利です。
他にも、最近だと「アウトブレイクカンパニー」が期間限定で新刊にイラスト集をつけたりとか、電子書籍ならではの特典も増えてきつつある様子。そのうち、ぼちぼち流行ってるOAD付けるみたいに、クーポンつけて配信動画見られるようにしたりとかってのも出てくるかもね。――もうある?
 
 

そんな感じで電子書籍利用を進めてきてたおかげで、遠隔地でもたくさん本読めるのでありがたい。音楽は早々に持ち運べるようになったけど、書籍は、サービスが始まっては終わり終わっては始まりの繰り返しでなかなか進まなかったから、ようやく楽しめるようになった感じ。
ただ、クラウドオンリーのサービスには注意したい。ローカルにダウンロードできないとか、ネットにつないでいちいち認証しないと読めないとか、電源事情以外で環境に左右される要因はキツイ。
 

結局はkindleとkoboが他のサービスを駆逐していきそうで怖いところもあるけど、既に買ってる分はReaderが壊れて修理できなくなるまで読めるし、なんだかんだで数年先でも問題なく読めてる気がします。実際に読むかどうかはともかく。
 

未だに、20年前に買ったアルスラーン戦記が読めるという時点で紙の本は偉大だと思うけど、ぼろぼろになってる表紙を見ると、色あせない電子書籍も、特にマンガとかではいいよなーと思ったりします。消費税8%になった今、税率3%の本を見ると懐かしく思います。税表記の無い本は、とりあえず手元にはない。
書籍データと端末の解像度が、もっと上がれば漫画とか雑誌とかに良いんだけど、まぁ今、電子書籍を買ってるのも、それに対する投資かなーと思ったりします。
音楽でハイレゾが流行り始めたみたいに、この先高解像度版の漫画配信が始まる可能性もあると思うのです。それは、今の紙の書籍で言う「特装版」みたいなもんだし、あらためて欲しい物は買うと思うんだよね。VHSで持ってたのを、あらためてBDで買うみたいに。
 
 

とりあえず、中国のホテルでベッドに寝転がって、Surfaceでディーふらぐ全巻読める幸せをありがとう。新作アニメは別にいらないんで、次巻も電子書籍で買うよ。

|

« いぱねま | トップページ | コミティア109欠席の件 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いぱねま | トップページ | コミティア109欠席の件 »