« 開店休業 | トップページ | 読みたいときに読める本を »

2014年4月 8日 (火)

いぱねま

久々にブログ更新。Twitterでつぶやけないから書くことがあるのと、ココログにはログインできたので。
ちなみに、中国からはTwitterやfacebookといったSNSにつなげることはできませんが、他にもGoogleからの検索結果に飛べない(通常アクセスできるサイトもGoogle経由だとダメ)ときがあったりとか、艦これのDMM.comにアクセスするとサービス提供外地域と判断されるとか、いくつかのポータルサイトではじかれたりします。さらに、大洗や秩父観光協会はOKだったけど立川観光協会はアクセスできないし、大洗観光協会から大洗のアクアワールドにアクセスしようとしたらNG。
……こんな状況下で、中国人は何で日本に来たがるんだろう?得られる情報、かなり断片的だと思うんだけど。
 

そんななかでもmobageやGREEのゲームにはつながるんだよね。
 
 

というわけで、現在中国にいるわけですが、入国した4/7がこっちの祝日で人が多かったために国境超えるのにすさまじく時間がかかり疲れました。日本飛ぶときに事務所の中国人に「この時期人多い?」って聞いて「そんなことないよ」って言われてたんだけど……。
まぁ、中国は広すぎるので、地域による習慣の差が出たという所なんだろう。
 

僕が最初に来た時の香港は、まだ返還から10年も経ってなかったけど、もう20年近く経ってるからだろうか、すっかり中国っぽい感じに。まぁ、前から香港はゴミゴミしたイメージあったけど、もうちょい英語が通じた気がするんだよね。
なんか今はアルファベットが全く目に入ってこない印象。印象だけの話なので、実際には少し違うんだろうなとは思うけど。
 

こないだ大阪に行ってきたときに感じたけど、あらためて中国南部のデザインと大阪のデザインセンスは似ていると思う。シンセンの町をきれいに掃除すると、大阪に近くなると思う。インテックス周辺とか、特にそう。
 

あ、大阪がきれいというわけではないです。
 

で、なんか最近やたらと雨が降っているらしく、今日も雨なんだけど、かなり湿度が高い。気温がさほどでもないので助かるけど、紙類がふやけるレベルの湿度。ちょっと気持ち悪い。
でも、中国北部の、あの世紀末感の高い大気汚染はないです。当然、キレイではないんだけど、前は見える。「前が見える」が特別な話ってところが、現在の北京あたりの異常さを物語っている。
 

今は、逆に日本から工場が無くなってきていて産業の空洞化がどうこう言ってる状況だけど、30年くらいまでは日本も公害の話があちこちで出てたんだよね。ってかさ、今普通に住んでるけど、子供の頃は東京ってかなり空気汚い場所って聞いてたんだよ。それは今でもそう思うし、関東の空って白っぽいよなーと思うけど、都内の川もキレイに再生してきてるし、日本人は努力したなーって思います。酸性雨なんて言葉も聞かなくなったしね。
 

石炭全盛期のUKとかも酷かったらしいけど、今は化石燃料を使っての効率も良くなってるし、いくら人が多いからって言っても、その分広いんだから中国北部が異常事態になってるのは、ちょっと変な気がする。南部の工業地域は、逆に、僕が最初に来た頃よりもちょっとだけ空が青くなったしね。香港周辺の海の汚さは閉口するけど、今後どんどん悪くなっていくっていう風には見えない。
ちょっと前にオリンピックやったし、そもそも国内でもエリートが集まるであろう首都が人の住む町でないってのは、さすがにどうかと思う。住んでる人たちは何も言わないんだろうか?
 

考えを変えると、石炭全盛期にすさまじい公害を充満させた世界の工場イングランドや、車社会の中大量の工場乱立と大量消費社会で、いち早く汚染された地球をイメージしたUSAが、その公害の元を中国に持っていった結果なのではという見方ができるかもしれない。
日本も中国に工場持って行ってるけど、日系企業と他国企業の工場見比べたら分かるよ。整理整頓、清潔感が段違い。たぶん、このあたりはベトナムとかインドとかでもそうなんじゃない?
 
 

とどのつまり、日本がいかに平和かって話です。そりゃ日本旅行に来たがるワケよ。日本人、ほとんど英語通じないのにね。
 
 

ただ、それでも自殺率が高かったりとか、いじめ問題とか、政治なんかも評価低いとか、悪い面も少なくないワケなんだけど、これって、かなり規模は違うものの「ユートピア≒ディストピア」な作品群に見られるセカイに近い感じがするんだよね。紛争、貧困地域から見た日本って、ラノベが描写するディストピアと大差ないんじゃなかろうか?
 

そう考えると、むしろ日本をモデルに作品つくると、他国からはかなり特異に映る世界観が描けるんじゃないかと思ったりもします。その結果が「クールジャパン」なのだとしたら、それはとても不思議な話。

|

« 開店休業 | トップページ | 読みたいときに読める本を »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 開店休業 | トップページ | 読みたいときに読める本を »