映画・テレビ

2010年5月27日 (木)

レッド

どうも来週は厳しそうだったので、今日は早くに仕事を切り上げて、仮面ライダートリロジーの1作目を見に行ってきました。
行った映画館は、もう自分にとってはおなじみになってきたイオンモール大高店内にあるワーナーマイカル。
どうも、ライダーを上映している館が、店内で一番大きなスクリーンだった様子。マイカルのCMの解像度が半端なくキレイでビックリしました。
 
 
で、肝心の作品は、可もなく不可もなくといった感じ。

決してつまらないワケじゃないけれど、やや消化不良気味。結局、あの騒動はなんだったのかと。まぁ、この辺は3部作であるせいかもしれない。

今回、侑斗とアイリーンが主役なんだけど、そのわりに、お互い想いが一方通行で今ひとつ。もうちょっとデーブが出しゃばってきたりとか、せめて良太郎が大人だったら……とか思う。
というか、「今更そこ?」という感じがしないでもない。

コレ、たぶん、お子さん達にはつまらないだろうなーと思ったりしました。敵の契約者がヘタレすぎるし。
良太郎も、ずいぶんとおっさんな感じになってきたなーとか。ハナちゃんも、大きくなったね。3年も経てば、そりゃそうか。
でも愛理さんは、変わらずお美しゅうございました。
 
 
とりあえず、今回は3作全部見てみようかなと思ってます。

| | コメント (0)